理想の練習用バット

sponsored link

練習用バットの選び方

家で素振り(すぶり)をするバットは、長めの軽いバットがおすすめです。特に、少年野球のように子供に基本を教える場合は、このような長くて軽いバットが最適です。長くて軽いバットで練習することで、バットがどのようにして体にまきつくのか、バットの重みをどのように利用するのか、体をどのように回転させればいいのかなど、多くのことを体に覚えさせることができます。他には、フォロースルーの大きなスイングも習得できますし、下半身をしっかり使ったスイングができるようになります。

重いバットはスイングを壊す

このようなバットを選ぶ時に気をつけないといけないことは、重いバットを選ばないことです。トレーニングのために素振り(すぶり)をするから、重いバットを選びたくなる気持ちは分かりますが、重いバットを選ぶと、力のない子供は、正しい形でのスイングができなかったり、体を痛めたりしてしまう可能性もあります。また、力強くバットを振れないので、子供は素振り(すぶり)を嫌がるようになります。なので、このようなバットを選ぶ時は、軽めでバットの重心が少し先にあるものを選んでください。そうすれば、バットの遠心力も感じることができますし、ビュンビュン振れるので楽しく練習することができます。

こんなバットがいいかもしれません↓↓



高校生くらいになれば、練習に、長い竹竿(たけざお)を振って練習している所もあります。この練習も、考え方は同じで、体の回転、バットの遠心力、下半身の使い方、大きなフォロースルーを身につけるために行っています。

このような練習は専用のトレーニング用バットもあるので、そういったものも役立つと思いますよ。

sponsored link

posted by 野球通 亀太郎 at 15:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 重要!バットの選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。