野球上達の近道はグローブのお手入れ

sponsored link

グローブのお手入れ方法 

野球グローブは、革製品です。なので、乾燥すると表面がひび割れてきたり、破れてきたりします。さらに、革製品は、水分を吸収しやすいので、放って置くとカビがはえたり、臭いの原因にもなります。したがって、グローブを使用した後は、必ずお手入れが必要になります。

グローブの手入れに必要なものは、タオル(乾燥タオルと濡れタオルを思いっきり絞ったもの、歯ブラシ、ドロースです。タオルは乾拭き(からぶき)用の乾燥タオルと、泥を落とす為の濡れタオルを準備してください。濡れタオルは必ず水滴がでないくらいきつく絞ったものにして下さい。歯ブラシは、グローブのネットやつなぎ目の部分の泥や砂を落とす為に使用します。ドロースとは、革製品の補修や乾燥を防ぐための油でグローブのお手入れには欠かせません。

グローブのお手入れの順番

グローブのお手入れの順番は次のようになります。
1 濡れタオルでグローブの汚れを落とす。(グローブについた土やホコリ)
  ※グローブに目立つ汚れや泥がついてない時には極力使用しないで下さい。グローブが重くなります。
2 ブラシで細かな部分の汚れを落とす。
3 乾燥したタオルで一度乾拭きふをする。
4 ドロースをつける。
5 ドロースのついた部分を乾燥タオルで乾拭きをする。
6 グローブの紐の緩みや破れをチェック

必ず泥や土を落としてから

グローブをお手入れをする際の注意点がいくつかあります。第一に、ドロースをつける前に必ずグローブの汚れ(土やホコリ)をタオルできれいに落としてください。グローブの手入れというと、みなさんすぐにドロースを付けがちですが、汚れを取る前にドロースをつけると、その汚れがグローブ内に染み込んで、二度と取れなくなってしまいます。なので、必ず先にグローブの汚れをタオルで落として下さい。グローブに残っている汚れは、そのままグローブの重みになってしまいます。重いグローブは、グローブさばきがしにくくなるので注意しましょう。

ドロースの付け過ぎに注意

次に、気をつけないといけないのがドロースの付けすぎです。前にも書きましたが、「グローブのお手入れ=ドロースを塗る」という間違った考え方がされがちで、この考え方は、ドロースの付けすぎに繋がります。ドロースの付けすぎは、グローブの重さに繋がりますので、グローブのハンドリング低下にも繋がります。なので、革が傷んでいない箇所にはつけるドロースを少なめにして、傷んでいる所のみ重点的にドロースをつけるようにしましょう。

水分はグローブの敵

水分は、グローブにとって大敵ですので、グローブについた水分は必ずとってください。野球の練習は、雨の日やグランドがぬかるんだ時でも行われます。その時に使用したグローブは、大量の水分を含んでいます。グローブは、水分を含むとカビや臭いの原因になり、重さも増してしまいます。なので、雨の日に使用して濡れたグローブはまず、タオルで泥や土を落とした後、ドロースをつけずに乾燥させてください。乾燥させるときは、直射日光にあてるのではなく、風通しいい日陰で乾燥させるのがいいでしょう。その際に、グローブの手を入れる部分に新聞紙をいれて乾燥させると水分を吸ってくれます。乾燥後は、必ずドロースをぬってください。乾燥しすぎた革は、ひび割れしやすくなっています。うすくでいいのでドロースをぬってグローブの表面をオイルでコーティングしましょう。

紐は大丈夫?

最後に、「グローブの紐が切れていないか?」、「切れかけているところがないか?」を確認して下さい。グローブの紐でもっとも切れやすいのはネットの部分の紐になります。グローブのポケットでボールを取っている場合は、受ける部分の中に手のひらが入っているため、革がボールの勢いで引っ張られることが少ないです。しかし、ネットで取ると支えるものが後ろにないので、グローブの紐に大きな負荷がかかります。なので、グローブのお手入れをする際には、特にネットの部分の紐が切れかけてないか確認して下さい。

グローブお手入れは野球上達の第一歩

グローブのお手入れをする事は、野球選手にとってすごく大切な事です。もしかすると、毎回ちゃんとお手入れをする事が、野球上達の一番の近道かもしれません。グローブのお手入れは基本的に練習があったその日にしなければなりません。理由の一つは勿論、グローブを長持ちさせる為にそれがベストだから。しかし、それよりも重要なのが二つ目の理由で、グローブの手入れをするとその日の練習の復習ができるからです。

お手入れをしている時に、ただ、グローブを綺麗にするだけではなくて、”その日の練習の反省”や”監督から教えてもらった事”、”自分が打ったヒットの事”などを思い出しながら、グローブのお手入れをします。そうすると、その日の練習の復習ができて野球の上達が早くなります。プロ野球選手もみんな毎日、自分たちでグローブのお手入れをやっています。みんなその日に失敗した事やよかった事を思い出して、次の試合にどう繋げるかを考えながらグローブのお手入れをしているようです。きちっと毎回グローブのお手入れをする事がいい野球選手になる第一歩です。

sponsored link

posted by 野球通 亀太郎 at 14:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | グローブのお手入れ方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。