ヘルメットをまたいだばっかりに・・・

sponsored link

野球道具は大事にしようね。

野球用品というのは非常に高価なものが多く、なかなか新しい物をすぐに買い換えるという事が出来ませんよね。この野球用品にかかる投資額の大きさが、世界中に野球が広がらない一つの原因になりますが、今はその話は置いておいて・・・。

野球用品が高い事は少年野球においても周知の事。特に、野球経験の長い監督さんなら尚のこと、何がいくらするかくらいは全て頭に入っています。なので、しっかりとした監督さんであれば野球用品を粗末にする選手がいた場合に、「野球用品は高価なものだから大事にしなさい」と教える事ができますね。

私のチームの監督はさらにハードでした。前にも書きましたが、監督はチームの絶対的権力者で小学生の頃はウソ抜きで監督は総理大臣よりもえらいと思っていました。なので、必然的にグランド内はピリピリした空気が流れていて、一つの練習が終わり次の練習に移る時も全て全力疾走でみんな怒られない様に必死でした。

そんな必死さがあだになったのが今回の失敗談です。練習には守備、走塁、打撃と色々ありますよね?そのどれにでも使うのがヘルメットなんです。なので、ヘルメットはすぐに使えるように常に綺麗に整理されてグランド内に並べていました。そして、監督から集合の号令がかかりました。

僕は何でか分かりませんでしたが、その時はボーっとしていて監督の号令にすぐに反応できませんでした。しかし、周りの仲間達が監督に向かってスーパーダッシュで駆け出すのを見て、「ヤバイ、集合だ」と思い急いで走り出しました。10歩程走ってふいに視線を落とすと目の前に綺麗に並べられているヘルメットがありました。私は、つまずかないようにとっさにサッとそれらを飛び越えてしまいました。その瞬間「しまったー!」と思ったのですが時すでに遅し。きっちりと監督にその姿を見られていました。

そしてその集合の第一声が「お前、ちょっとこっちに来い」でした。私は完全に殴られると思い前に出て、その予想通り5発ほど殴られこう言われました。「お前らは誰のおかげで野球が出来ている?お前らは誰が稼いだお金で毎日暮らしている?お前らの親が必死に働いて稼いだお金で今こうしていられるんだろう!野球用品だってそうだ。決して安いものじゃない。そんなお金で買ってもらった野球用品をどうして簡単にまたげるのかよく考えてみろ!」

殴るのはどうかと思いますが言ってた事はごもっともでした。当時はお金の価値も分からず野球用品があるのは当たり前の事だと思っていたのかもしれません。今思えば反省しかないですね。

野球用品は決して安いものではありません。道具を粗末にするのではなくて、なるべく長く使えるよう大事にして下さいね。

sponsored link

posted by 野球通 亀太郎 at 08:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 野球用品での失敗談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。